復縁屋が行う復縁工作

復縁とは、簡単でもあり難しいとも言えます。全く関係のない二人がよりを戻すわけではないので、簡単な面と、逆に知っているからこそ難しい面、 復縁にはその両方の側面があるといえるでしょう。
自力で復縁は無理だと思われた方が、復縁屋に復縁工作を依頼されます。
復縁したいという気持ちが強くても、相手がそう思っていない。そういう状況は何とも苦しいものです。復縁するために、自分で色々動いて裏目に出てしまった、余計嫌われてしまったという方もいます。
そういう方のために復縁屋が行う復縁工作があり、工作員が介在するのです。

メール相談

復縁屋が行う復縁工作で工作員が必要なワケ

復縁屋 復縁工作

あらためて復縁についてお話ししますと、復縁のキーワードは「相手のことをどれだけ理解しているか」です。
復縁のためには相手の気持ちや考えを理解することが何よりも重要です。
別れの原因は人それぞれですし、相談者様ご自身で想像されていることもあるでしょう。それと同時に見えないもの、つまり相手が表に出していないものもあるのです。
恋愛は相手の自我と自分の自我とのぶつかり合いです。そのため不安や不満が溜まり、時には喧嘩に発展することもあります。思いやりの心を持ち続けることはなかなか大変なことです。
しかし自分を知ってもらうことも大事ですが相手をよく理解することはそれ以上に重要なこと。
本当の理由は何か?相手が求めているものは何か?この2つを知ることが大事です。
この2つを無視して相手に働きかけても効果が見込めません。
場合によっては逆効果のこともあるでしょう。
例えばお腹が空いていない人に「美味しい食事を作ったから食べて!」と言っても相手は喜びません。ありがた迷惑な話となってしまいます。空腹のときに言ってこそ効果が発揮されます。また満腹の人でもデザートのアイスならば別腹に入ることもあるでしょう。それならば食事ではなくアイスを提供すれば良いのです。
このようにその時その時の相手のニーズを把握し、それにあった対処をする必要があり、そのために工作員の存在が欠かせないのです。

メール相談

復縁屋の工作員の役割

復縁屋 工作員

復縁屋が行う復縁工作では相手の本心を探り、依頼人様にフィードバックすることを主眼とします。
そのためまず対象者の行動調査を行い、調査しながら機会を見て工作員が接触し、対象者と仲良くなっていく工作を行います。そこからよき相談相手となり気持ちをつかみます。そして対象者の本心を聞き出し復縁へと誘導していくのです。
この工作員が復縁において重要な存在なのは想像に難くないでしょう。

復縁屋にはこのような作業を行う工作員が通常は何人もいます。
監修探偵社にも幅広い年齢層の工作員がいます。監修探偵社の場合は調査員・工作員の区別がなくどちらもこなせるように教育しているので、一気通貫で行えるのが大きなメリットです。
調査の過程で対象者をさりげなく観察しておき、それを工作時に活かすこともできます。
依頼人様が復縁のために相手を知らねばならないのと同じように、工作員も対象者のことをよく知る必要があるのです。

メール

PAGE TOP