夫婦の復縁を考える

夫婦の復縁を考える

誰もが配偶者とは、いい夫婦、良きパートナーでありたいと思うでしょう。
しかし法律上、戸籍上は夫婦であるというだけで、気持ちが離れてしまっている夫婦は山のようにいます。
お互いの存在に価値が見いだせず、子供のためと割り切っている夫婦。
家庭内別居や口もきかない夫婦。
実際に別居していて意地を張り続けている夫婦。
そんな状況では、双方にストレスが溜まる一方です。
そんな中で、夫婦関係を再生したい、復縁して昔のように同じ方向を向いて歩を進めたいと考えている人がいます。
復縁屋がそういう人をサポートしていくためには、いくつかのポイントがあります。

メール相談

復縁の障害となる浮気

夫婦の復縁において、浮気相手の存在は厄介です。
浮気相手と言っても特に復縁のさまたげになるのは本気の場合です。
浮気はたいていが家庭を守りつつ行います。
場合によっては、よき夫婦に見えるように内では努力していることもあります。
しかし本気はそうではありません。
家庭を顧みず、配偶者をだますことばかり考えるようになります。
片方はまだ好きなのに、もう片方は浮気相手に本気になっている、夫婦としては悲しい状況ですね。
状況を打開するためには、まず浮気相手の身元をはっきりさせないといけません。
復縁したい配偶者がはまる前に浮気相手というガン細胞を取り除かなくてはいけません。
別れさせ工作の成功が復縁への第一条件になるのです。
無理して復縁を迫っても効果はありません。
あなたに向けられるべき愛情は浮気相手に注がれているのですから。

メール相談

浮気以外の夫婦の復縁

夫婦の復縁

理由が浮気でない場合は、工作によって原因を探り、心理誘導していく必要があります。
夫婦と言えども近くにいるからこそ、見えない、分からないことがたくさんあるのです。
復縁屋はまず依頼者に対して、夫や妻のことは自分が一番理解しているという考えを変えてもらいます。
そうでないことは状況が示しています。
完全に理解していれば、夫婦関係が破たんすることはなく、復縁は必要ないのですから。
また、いったん離婚してそれから考えた方がいい・・・という考え方もありますが、あまりお勧めできません。
紙切れ一枚ですが、それを一度提出してしまえば関係は切れます。
取り返すことは想像以上に大変なことなのです。
離婚したがっている理由が恋人の存在の場合は、真実を隠してとにかく相手を納得させて離婚に持ちこもうとする人が多いのです。
ひどいケースだと、かってに離婚届けを出してしまわれる場合もあります。
そういうときは事前に「離婚届の不受理申請」をしておくことが必要です。
夫婦という形をキープした上で、復縁に向けて動く。
これは肝要なのです。
夫婦という形がなくなると解放されてしまい、復縁を考えなくなる人もいます。
形を保つことで、心に残っている責任感や罪悪感を利用しつつ復縁を進めていくこともできるのです。
夫婦の復縁はたいていが長期戦です。
お互い真剣に考えて結婚した二人なのですから、簡単に諦めずに粘り強く動くことが大事なのです。

メール相談

復縁屋の工作事例一覧

メール

PAGE TOP