復縁屋の工作を事例別に分けてご紹介

復縁屋の工作について、事例別に特徴や傾向などを解説したいと思います。
対象者や依頼者の性別、交際の形式、最終的な目標などによって分かれます。
大きく分けて以下の種類があります。

それぞれについて説明ページを設けています。
復縁屋に工作を依頼する場合、ご自分のケースに当てはまる事例に目を通して、参考にしてみてください。

メール相談

元彼との復縁

元彼との復縁

復縁屋に工作を考えているあなたが女性で元彼との復縁を希望している場合です。
女性はどうしても別れを切り出されたときに、感情的に動いてしまう傾向にあります。
すがり続けたり泣き叫んだりして取り乱してしまう。
それで自分の思いが通じないとなれば、今度は一転して、強い姿勢になって、脅したりして困らせてしまう。
死んでやると自殺をほのめかすのは、良く聞く話です。
刻々と一変する女性の態度に、元彼も精神的に疲れてしまって、はれ物に触るようして接するようになります。
女性はそれを優しさと勘違いして、別れ際や別れた後も元彼は誠意をもって対応してくれたから、自力でも復縁できそうと思ってしまうわけです。
感情的になっていたからどれだけそのときの行動が元彼を傷つけてしまったか、認識できていないのです。
元彼が当時のことでトラウマを抱えていて、女性の意識との間に温度差があるケースが多く見受けられます。
同じ経験をしているにもかかわらず、別れ際のときのことが、両者によってまったく景色の違うものになってしまっているのです。
復縁屋は工作に携わるときに、この点を頭に入れて、取り組む必要があります。
→ 元彼との復縁

元彼女との復縁

元彼女との復縁

復縁屋に工作を考えているあなたが男性で元彼女との復縁を希望している場合です。
女性が別れを切り出す場合、一定期間自分で悩みながら、自己消化していき、気持ちを整理して結論を出す場合が多い。男性は気づかなくても、その間に、SOSを発したり、試したり、解決策を求めたりといろいろと発信をしています。
そのときの男性のリアクションを見ながら、女性は自分の気持ちを固めていきます。
つまり、別れを告げたときには、女性はもうすでに男性と十分話し合った感覚でいるのです。
しかし、男性は、なぜ、どうして、もっと話し合おうと女性に説明を求めたがる。
すでに女性にしてみれば終わった話であるにもかかわらず、男性は何度もそれを蒸し返そうとして、執拗な行動として受け取られてしまいます。
結局、この人は自分の納得するような答えを言わなければ満足しない。
このようにして、女性は、男性を自己中心的で執拗な人と感じて、そのままの記憶を残して、別れていくのです。
復縁のためには、元彼女が抱いているこの2つのネガティブな感情を少しでも緩和しなくてはならないことが多い。
復縁屋は工作の中で、この点に注視して、元彼女の心理誘導を行っていくのです。
→ 元彼女との復縁

W不倫の復縁

W不倫の復縁

復縁屋に工作を考えているあなたが既婚者で、好きで復縁したいと思っている相手も家庭がある場合です。
いまの家庭に不満や不安を抱いていて、別の異性に癒しを求めて、W不倫が始まります。
つまり、自分の家庭では得られないものを不倫相手で埋め合わせようとしているわけです。
お互い抱えるものを尊重し合いながら、共通認識のもとに、不倫関係が続いていくわけですが、そのバランスが崩れたときに別れが訪れます。
原因を大別すると、あなたが相手に対して多くを求めすぎてしまったか、相手の家庭に対する考え方捉え方が変わったかです。
不倫を始めた当初二人で共有していたはずのルールや認識を逸脱してしまうと、相手はいまの関係に不安や恐怖を抱きます。
冒してはならない相手の領域に踏み込んでしまえば、徐々に相手は距離をとろうとフェードアウトしていく。
あなたに非がなくても、相手の家庭に対するスタンスが変わってしまえば、関係は壊れていきます。
配偶者を見直したり大切にしなくてはならないと感じれば、急に不倫をしていることの罪悪感が強まります。
このようなケースでは、復縁するためには、場合によっては、相手の夫婦の関係を悪化させるような工作が必要になってくる場合もあります。
→ W不倫の復縁

離婚して復縁

離婚して復縁

復縁屋に工作を考えているあなたが既婚者で、相手が独身であった場合です。
つまり、不倫関係にあり、既婚者であるあなたとの関係に疲れて別れてしまった相手との復縁を望む場合です。
交際していた当時の不倫関係にあったときに、相手がいくら離婚を望んでいたとしても、別れた後もそうであるとは限りません。
離婚すれば復縁できると考えている依頼者の方がいますが、そのような単純な話ではありません。
たとえ、別れた理由がなかなか離婚してくれなかったからであっても、一度別れて事情が変われば、白紙に戻ってしまうこともあります。
望んだときに実現しなかったことで、相手のモチベーションも落ちてしまったりする。
求めるものは、時々によって違うものです。
あなたに離婚ができる条件が整っていたとしても、復縁屋の工作により、相手のいまの気持ちや精神状態を知り、求めているものを把握することが先決です。
相手の状況に合わせて、タイミングをはかって、離婚へ動いていかなくてはなりません。
離婚したが復縁できなかった。こんなことならば離婚しなきゃよかった。
こうならないように注意が必要で、まずは復縁屋に相談してください。
→ 離婚して復縁

別れさせて復縁

別れさせて復縁

復縁屋に工作を考えているあなたは元彼や元彼女との復縁を望んでいるが、すでに相手には交際相手がいる場合です。
このような状況では、いくらあなたが過去を振り返って自己改善し努力しても、報われません。
相手はあなたを見ることなく、いまの交際相手に意識が向いてしまっているのです。
たとえ、別れたころ相手があなたに抱いていた負の感情がなくなったとしても、比較論であなたは交際相手に負けてしまっているのです。
このような三角関係での復縁は、相手と交際相手の関係性が変わらない限り、復縁できません。
焦れて相手にアプローチすれば、相手はあなたに嫌悪感を抱いてしまったりする。
つまり、あなたが相手と交際相手の関係を後押ししてしまうような結果になってしまうのです。
このような場合には、相手と交際相手の別れさせ工作が必要になってきます。
復縁のパスポートを手に入れるためには、二人の関係を悪化させなくてはならない。
このようなケースでは、交際相手に関する情報が不足していることが多く、調査の重要性が増してきます。
調査能力にも長けた復縁屋に相談すべきでしょう。
→ 別れさせて復縁

復縁して結婚

復縁して結婚

復縁屋に工作を考えているあなたは別れた相手と復縁して、結婚したいと願っている場合です。
自力で復縁できないにもかかわらず、結婚まで求めるのは欲張りではないかと思われる人も多いはずです。
確かに、いきなり結婚という三段跳びは無謀で、段階としてはその前に復縁する必要があるわけですが、結婚を最終目標に置くことで結果が良と出る場合もあります。
ヒットを狙いに当てにいくよりも、ホームランを狙ったほうが良いという考えもあるのです。
復縁を目指している人は以前の関係に戻りたいと思っています。
つまり、過去に時間を戻そうとしているわけであって、相手にとってみれば発展性が感じられません。
結婚という違ったステージで考えれば、あなたに対する見方も少し変わってくるかもしれないのです。
復縁屋が工作するときにも、結婚を目標に置くことで、経済力とか子煩悩とか真面目さとか新たなあなたのセールスポイントをアピールできることもあるのです。
→ 復縁して結婚

夫婦の復縁

夫婦の復縁

復縁屋に工作を考えているあなたが配偶者と夫婦関係を再生したい、もう一度以前のように同じ方を向いて一緒に歩みたいと考えている場合です。
夫婦という法律上のつながりは存在しても、気持ちが離れてしまっていては、そこに価値は見いだせません。
家庭内別居であったり、お互いが別を向いて進んでいるようであれば、法律の縛りがあるがゆえに、余計に精神的にも苦痛です。
配偶者が浮気をしている可能性があれば、浮気の有無とその相手の身元をはっきりさせる必要があります。
浮気相手は良いところ取りで、配偶者はどんどんと傾倒していく可能性が高いのです。
配偶者ともう一度向き合い復縁するためには、浮気相手という腫瘍を取り除かなくてはなりません。
つまり、別れさせ工作を成功させることが、復縁への条件になるのです。
配偶者が浮気をしていない場合には、何をきっかけにこうなってしまったのか、どうすればいいのかまずは原因を探り、その上で心理誘導する必要があります。
近くにいるからこそ、見えない、分からないことがたくさんあるのです。
復縁屋が工作に携わる前に、配偶者のことは一番私が理解しているという発想をまずは変えることから始めます。
→ 夫婦の復縁

メール

PAGE TOP