W不倫の復縁

W不倫の復縁

W不倫からの復縁は、復縁屋に工作を考えている依頼者が既婚者で、復縁したいと思っている相手にも家庭がある場合となります。
W不倫のスタートは様々ですが、同級生だったり、職場の同僚であったり、子供の学校が同じで知り合ったり、とそれなりの背景があって関係が始まることが多いです。
そして、現在の夫婦生活や家庭に不満を抱いている、ストレスが溜まっているという共通点があります。
刺激がない、先々に不安がある…。
そういったことがあいまって、別の異性に癒しを求めてしまうことになり、W不倫が始まるのです。
足りない何かを不倫相手で埋め合わせようとして始まるW不倫ですが、なにかと制約の多い恋愛であることは間違いありません。
お互いが家庭を持ち、子供や仕事もあります。
そのため時間的、経済的なやりくりをしつつ、関係を続いていく必要があるのです。

メール相談

W不倫の崩壊

W不倫 復縁

交際当初は、二人ともに離婚して、新たな家庭を築く関係までは目指していないものです。
それが時間の経過とともに気持ちが変化し、バランスが崩れたときに別れが訪れます。
片方は家庭を壊してでも一緒になりたいと思っているが、もう片方は割り切った関係でいたいとなれば、お互いの気持ちに温度差が生じます。
相手に多くを求め、それに応えられないと責めてしまえば、いずれ相手は不安をおぼえます。
配偶者にW不倫の暴露を匂わせたりすれば、恐怖すら感じるわけで、一線を越えた行為と言えるでしょう。
そうなれば相手は距離をとろうとします。
それを追いかけて、追い詰めてとすればより逃げるわけで、場合によっては、相手は自分の配偶者のことを見直し、改めて大切にしなくてはならないと感じてしまうこともあるのです。
不倫をしていることの罪悪感がクローズアップされれば、雨降って地固まるといったことにもなりかねないのです。
離婚までは強く求めないものの、せめて以前のように、お互いの足りない部分を埋めあっていきたいと思うならば、相手夫婦の関係を悪化させるような工作が必要なこともあります。

メール相談

W不倫で復縁するには

W不倫は、純粋に好きな気持ちがあって関係を結ぶこともあり、長く付き合っていたり自分の家庭状況が悪化すると、より相手を求めてしまう傾向があります。
お互いのためには関係を終わらせた方がいい、でも好きな気持ちがある。
この狭間で揺れ、誰にも相談できずに精神的に追い詰められてしまう人もいます。
ここで復縁屋に相談して打開策を見出せればいいのですが、強引に何かしらの答えを求め、暴走してしまう人もいます。
そうなった場合は、復縁屋といえどもマイナスからのスタートを強いられます。
相手との関係を続けたいならば、焦って自分で動いてはいけないのです。
また、W不倫の復縁を考える上で、交際当時とはお互いの家庭環境が変わっている可能性を忘れてはいけません。
復縁したいという気持ちは大事ですが、自分のことばかりではなく相手の状況を受けいれることも重要なのです。

メール相談

復縁屋の工作事例一覧

メール

PAGE TOP