復縁屋に依頼するときの注意点

復縁屋 依頼

復縁屋に依頼する際にいくつか気を付けることがあります。
一番重要なのは工作を行っていることが対象者に発覚しないように気をつけることです。
復縁したい相手と連絡が取れたり、日常的に顔を合わせたりする、共通の友人がいるときなどは特に注意が必要です。復縁屋に依頼をしたからといって安心してはいけません。
これは、復縁屋、依頼した依頼人の両方に言えることですが、ここでは依頼人側が復縁屋に工作を依頼した後に注意しておかなくてはいけない点をまとめてみましたので参考にしてみてください。
復縁屋に依頼する前や相談の時点からすでに始まっています。
そして依頼が終了した後も注意して頂きたい点でもあります。

メール相談

復縁屋への依頼・相談時のポイント

・相談、依頼した復縁屋や探偵社のスタッフからもらった名刺の管理、隠し場所。
・復縁屋との相談メール、報告メール等の削除。
・復縁屋や担当者との携帯電話・自宅電話での発着信履歴の削除。
・復縁屋との郵便物。
・復縁屋や担当者との携帯メールの送受信履歴。
・復縁屋との契約書の管理、隠し場所。
・調査や復縁工作の報告書等の管理、隠し場所。
これらのことに加えて、報告により知った内容を第三者に絶対に漏洩しない。ということもあります。
工作の前も後も情報の管理は徹底する必要があります。
せっかく復縁できたのに、後で相手に発覚してしまっては台無しとなります。
復縁した後に何かの拍子に調査でしか知りえない情報を対象者に話してしまうのもNGです。(○日にどこどこへ行っていた、など)
復縁屋に依頼していた証拠を対象者に見られてしまうのは論外ですが、対象者が家に荷物を取りに来たり、友人と一緒に対象者が自宅に遊びに来たりする可能性がある方は気をつけてください。

メール相談

気をつけるべきことは他にもある

復縁屋 注意事項

また、復縁したい対象者だけではなく、家族や友人に見られてしまい工作が打ち切りになるケースもたまに聞きます。対象者本人ではなくても対象者に近い人物、例えば共通の友人、家族、交際相手、同僚…と依頼人様が接点がある場合も大変危険です。
対象者が会社の同僚や上司、部下という関係の方もいるでしょう。
自分が復縁屋に依頼していることを隠さないといけません。
守秘義務は復縁屋だけでなく、依頼した人にもあるものです。
契約書にその旨が記載されていることもあるでしょう。
復縁屋に工作を依頼したことそのものを言わなければいいというものでもありません。

そして態度や言動に出やすい人は要注意です。
行動調査で調べた情報、工作員が対象者から聞き出した話などをぽろっと口に出してしまえば、それが回り回って対象者に伝わり、工作が失敗する可能性もあるのです。
「この人は大丈夫」と思うことは、依頼中は避けた方がいいのです。
誰が裏切るか分かりませんし、相手に悪意はなくても結果的に妨害されてしまうこともあるのです。
復縁屋に依頼中では、情報の管理にはどれだけ気をつけても気をつけすぎるということないのです。

メール

PAGE TOP