復縁屋が利用できる地域

復縁屋を利用したいと思われている方は全国各地にいらっしゃいます。
地方だから恋愛で悩まない、復縁など求めずにすぐに諦める人が多いというわけではありませんから、これも当然です。人口比率で考えれば、むしろ地方の人のほうが復縁屋を利用したいという気持ちは強いように感じます。
排他的で、地元の人間関係の結びつきも強く、その一方で異性との出会いの場も限られてる。周囲に相談すれば、すぐに噂になってしまうような土壌でもあり、誰にも話せず頼れずにいて悩んでいる方が多い。そのため、失ってしまった人への執着心は強く、復縁屋を利用してでも希望を叶えたいと考えるのでしょう。
そして、自分の居住地域に近い復縁屋を利用しようと始めるわけですが、ここで大きな勘違いをして、誤った選択をすることが多いのです。

メール相談

復縁屋を利用するときの注意点

復縁屋 利用

まず、地方を拠点とする復縁屋はほとんどありません。
そこで、本社所在地は東京など大都市にあるが、地方に支社を持つようなところを利用したらどうだろうかと考えるわけです。支店と言えば、本社には劣るものの、複数のスタッフが常駐していて、地元を拠点にそれなりに活動していると思ってしまう。銀行や自動車販売会社がそうであるように、それに似たようなイメージで復縁屋の支店をとらえてしまっては誤りのもとです。
別ページでも触れましたが、レンタルオフィスやバーチャルオフィスといった低コストで借りれるサービスが存在する。現在の法律では、たとえ、このような常駐できないようなオフィスであっても、探偵業の届出ができてしまうのです。
東京などにスタッフ常駐の本社を構えていて、地方にスタッフ不在のレンタルオフィスを借りて支店と称している。そして、全国に支店支社があるような規模の大きな復縁屋ですよというようなPRをしているのです。
支店が近くにあると思って依頼しても、スタッフは常駐しているわけではない。
フリーダイヤルなので気づかないが、支店にかけたと思った電話も本社のある東京に転送され、そこで対応している。近くだからと相談したはずが、結局は東京が窓口になっているという、目くらましのようなことをしている復縁屋も存在します。
もちろん、そのような復縁屋は、利用する方に対して、支店にもスタッフが常駐していると説明します。
だから、面談が決まると、支店を置いているレンタルオフィスの会議室や打ち合わせルームを予約して押さえる。そして、交通費は請求できませんから、自腹を切って、支店に赴くわけです。
2人も3人も送り込めば経費が掛かりますから、決まって面談はスタッフ1人だけです。
東京の本社の優秀なスタッフが特別に面談に参加すると説明して、交通費を請求する復縁屋もあったりする。依頼後も交通費は請求できませんから、工作費用の中に別名目にして紛れ込ませるなどしているようです。
まだ、本社がしっかりとした事務所機能を備えた建物にあるならいいでしょう。
本社支社すべてがレンタルオフィスでどこにも常駐していないという復縁屋もあります。

メール相談

復縁屋の利用で重要なこと

近くにあるはずの復縁屋が実は遠くにある。
復縁屋を利用する地方の方は、地域を気にされますが、それだけでなく、事務所の形態をしっかりと調べる必要があるのです。
監修探偵社は復縁屋として東京に本社があり、各地域に支店は設けていません。
レンタルオフィスを利用すれば、10地域支店を作ったとしても、そのコストは20万円程あれば足りるでしょう。
しかし、復縁屋としてそれなりのスキルを持つスタッフが常駐していなければ意味がなく、利用する人を惑わし誤解させるだけです。
監修探偵社のスタッフはいま現在も札幌、仙台、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡の大都市を中心に集落のような田舎まで飛び回り活動しています。
場所が地方であれば、交通費等は実費でかかりますが、復縁屋にとって重要なことは、クオリティです。

メール

PAGE TOP