復縁屋の成功例

復縁屋が工作を行う上で最初のハードルが対象者との連絡先交換です。ここを越えなくてはどのような復縁屋もその先へは進めません。
地理的な条件や対象者の種別や業態などから、接触にはいくつかの成功例、成功パターンがあります。地方の主婦が対象者の場合の成功例、都心の一人暮らしの会社員が対象者の場合の成功例など、行動が読めるタイプならば、多少はパターン化した成功例があります。
しかし工作は対象者の行動に左右されるため、過去の成功例がそのままいつも当てはまるとは限りません。
むしろ成功例にこだわらないで考えた方がいいのです。

メール相談

成功例となる条件

復縁屋の成功例

接触はただ接触すればいいというわけではありません。
メールやLINEの交換、そしてその後の関係構築を視野にいれて復縁屋は工作を進めていきます。
何度も接触すれば、あとあと不審に思われる可能性があります。
そのため接触回数は絞って行う必要があり、ここぞという機会を狙って行わないといけません。
行動調査で毎回のように接触チャンスに恵まれれば、大幅に費用短縮することができますが、いつもそううまく事が運ぶとは限りません。
対象者が仕事で遅くなったり、開始前に帰社してしまったり、移動することで空振りが発生することもありえます。
また捕捉できても立ち寄らずに帰宅したり、飲食店に入っても満席ならば接触機会はありません。
単なる接触だけなら道端でも信号待ちでもできるのです。
しかしそれでは暗さで顔もろくに見えなかったり、スルーされたりする可能性があります。
仮に対象者が足を止めてくれても満足な時間、会話することは難しいです。
少ない機会ですから、なるべくより良い環境で接触する必要があるのです。

メール相談

成功につながりやすい簡単なケース

成功例 簡単

もし対象者が外食中心の生活をしているならば、チャンスは多いタイプだと思います。
お店の混み具合にもよりますが、1人でリラックスしていれば、長い時間話すことも可能でしょうし、接触を行う上で良い環境と言えます。
自炊派の人は買い物にいく頻度に左右されます。
こまめにスーパーなどに買い物に行ったり、駅ナカでお惣菜を買ったりするタイプならば、接触機会は比較的ある方だと言えるでしょう。専業主婦よりも働いている主婦の方が時間が絞れる分、効率はいいです。
しかし早く帰ってご飯の用意をしなければ…と気が急いていることもあるため、時間があり気持ちに余裕があるのは専業主婦の方かもしれません。
どのような対象者も一長一短はありますが、ライフスタイルを把握すれば、復縁屋はより良いチャンスを見逃すことなく接触できます。
あとは対象者が社交的であるとか、人付き合いがよい、警戒心が低いといった性格的な要因、習い事や買い物場所など特定の立ち寄り先があるといった環境的な要因も重要です。
様々なことを考慮しつつ、そういったことの積み重ねが復縁屋の成功例の蓄積になっていくのかもしれませんね。

メール

PAGE TOP