復縁屋は案件の内容で難易度を計る

復縁屋の仕事は案件の内容をしっかりと把握することから始まります。
内容がわからなければ打つ手も見えてきません。
復縁屋は特に依頼者と対象者のこれまでの経緯、二人の別れ方、これまでとその後のメールやラインの内容などを重点的に見ていきます。

メール相談

復縁屋は別れ方によって工作内容を変える

復縁屋 内容

復縁のためには別れ際が重要と言われます。
別れるときや別れたあとにどう相手に接したか、その内容がポイントです。
依頼者が対象者に復縁をしつこく求めたり、すがってしまったりするのは心情的にも理解できます。当事者としてその状況に身を置けば焦ってしまう人がほとんどでしょう。特に新しい恋人の存在が匂う時は、自分から気持ちが離れていく一方で、恋人との関係はどんどん進んでしまう。時間の経過とともに自分は遠い存在になってしまうと思えば、いても立ってもいられないと思います。
しかしそこでやらかしてしまえば復縁屋は工作内容を大幅に見直さざるを得ない時もあるのです。

復縁したい相手とのメールやラインの内容を読み返すことはとても大事な作業です。
同時にその当時の感情をよみがえらせることになるので、時には依頼者にとって苦痛を伴う作業になります。
しかし現実から目をそむけずに困難を乗り越えていくことこそが復縁への第一歩であることは疑いの余地もありません。自分の出来ることをまずはしっかりと行い、地に足をつけて前に進むことが人間的な成長を促し、今後の糧にもなるのです。

メール相談

復縁の難易度は計れるのか

復縁屋 難易度

それとよく言われるのが復縁の難易度というやつです。「難しそうだ」「比較的進めやすそうだ」という大雑把な印象程度であれば分かるとは思いますが、変な見立てで難易度が高い、難易度が低いと色分けしているところが多いようです。
例えば、「着信拒否されている」から難易度が高くて、「いまもメールしたり会えたりしている」から難易度は比較的低いというやつです。もちろんそうとも言えますが、その限りでないのが男と女なのです。
着信拒否されているということは確かに拒絶されているわけですから状況は悪い。しかし、依頼者が連絡を取りたくても取れないので、それ以下になることはありません。
対して、やり取りができているからこそどんどんと事態が悪くなってしまったり、依頼者の知らないところで一線を越えてしまって、予想以上に難しくなっていることも多々あるのです。また、いまもなお対象者がやりとりに応じてくれているのは、未練など全くなく完全に割り切れているからこそという場合もあります。そうなれば難易度は高くなっているのです。
復縁したい対象者に現在交際相手がいるから難しくてフリーだから難易度が低いという見立てもよくしているようですが、これもあまりあてになりません。
フリーなのに自力で復縁できていないということは依頼者自体が否定されている可能性もあります。交際相手がいる場合は比較論で負けているだけで、もし対象者と交際相手が別れたら一気に復縁できる可能性もあります。 難易度というものは、対象者の心を知りはじめて語れるものと考えたほうが良いです。赤の他人である復縁屋が簡単にケースバイケースで色分けできる主旨のものではないと思うのです。

メール

PAGE TOP