復縁屋は案件の内容で難易度を計る

復縁屋の仕事は案件の内容をしっかりと把握することから始まります。
内容がわからなければ打つ手も見えてきません。
復縁屋は特に依頼者と対象者のこれまでの経緯、二人の別れ方、これまでとその後のメールやラインの内容などを重点的に見ていきます。

メール相談

復縁屋は別れ方によって工作内容を変える

復縁屋 内容

復縁のためには別れ際が重要と言われます。
別れるときや別れたあとにどう相手に接したか、その内容がポイントです。
依頼者が対象者に復縁をしつこく求めたり、すがってしまったりするのは心情的にも理解できます。当事者としてその状況に身を置けば焦ってしまう人がほとんどでしょう。特に新しい恋人の存在が匂う時は、自分から気持ちが離れていく一方で、恋人との関係はどんどん進んでしまう。時間の経過とともに自分は遠い存在になってしまうと思えば、いても立ってもいられないと思います。
しかしそこでやらかしてしまえば復縁屋は工作内容を大幅に見直さざるを得ない時もあるのです。

復縁したい相手とのメールやラインの内容を読み返すことはとても大事な作業です。
同時にその当時の感情をよみがえらせることになるので、時には依頼者にとって苦痛を伴う作業になります。
しかし現実から目をそむけずに困難を乗り越えていくことこそが復縁への第一歩であることは疑いの余地もありません。自分の出来ることをまずはしっかりと行い、地に足をつけて前に進むことが人間的な成長を促し、今後の糧にもなるのです。

メール相談

復縁の難易度は計れるのか

復縁屋 難易度

ところで工作の難易度を分析したり、ランク付けして内容を説明する復縁屋もあると思いますが、占いのような話だと考えております。
そもそも対象者本人でさえ復縁の見込みや未来のことは分からないわけで、相手の本音や本心を知り得ない人間が難易度など語れるとは思えません。
対象者に限らず、人は現在と一週間先と一ヶ月先では精神状態も感じ方、考え方も変わるものです。
例え今は復縁の気持ちがなかったとしても、ちょっとしたことでそれが芽生えるかもしれません。そのときに、対象者が信頼を寄せる人がそばにいて、背中を押すことができれば、復縁の流れに向かう可能性があります。
このようにその時々で復縁の可能性というものは変わってくるものなので、推測で見込みなどを論ずることはできないのです。
数々の男女関係を見てきた私たち復縁屋でさえ、着手する前に見立てはできないのです。
非常に難易度が高く無理だと感じた案件が蓋を開けてみれば、意外とスムーズにことが運んでしまった。
その逆で、思いのほか連絡先交換もうまくいって順調だったが、その後、膠着状態が続き進展が得られない。
接触の機会が全くないと思っていた対象者と連絡先交換がすぐにできてしまった。
接触の機会が豊富にあるにもかかわらず、交換に失敗して先に進めなくなってしまった。
数え上げればきりがありません。
このように復縁屋の工作とは蓋をあけてみてはじめて内容がわかる、その壺に何が入っているか分かるようなことなのです。

メール

PAGE TOP