復縁屋の工作で失敗した場合

復縁屋 失敗

復縁屋に依頼することは誰もが多少なりとも勇気がいることです。
探偵社にしても知らない業界のことですから、はたしてうまく行くのだろうか、バレないで進めてもらえるのだろうかと不安があって当然です。
そして自分の胸の内をさらけ出す覚悟もいりますし、過去の交際相手との経緯ややり取りなどを話さねばならず、そのたびに辛い思い出が蘇ることもあります。
皆さまそこを乗り越え、お金を掛けて復縁屋に依頼しますが、絶対に成功するとは限りません。
失敗に終わることも当然あります。
ここでは復縁屋にどのような失敗があるのか、失敗しないための方法とは何かを考えたいと思います。

メール相談

復縁屋における失敗とは

復縁屋の失敗といえば復縁できなかったという結果に対する失敗が考えられます。
工作は成果が出るまでに時間がかかることもありますが、一番想像しやすい失敗ではないでしょうか。
他にはそこに至るまでの失敗があります。
対象者を尾行したり撮影したりしていることが相手に知られてしまったという探偵失格のような失敗から、対象者に接触したが仲良くなることができなかったという相手由来の失敗もあります。
何より依頼者が復縁屋に頼んでいることを対象者に疑われるのが一番良くありません。
そのため現実問題として、工作途中でいったん引いたり停止したりすることも考えなくてはなりません。
手を打てなくなるのも問題ですが、より悪化するよりはマシなのです。

メール相談

復縁屋に依頼した側の失敗

復縁屋 失敗 依頼

依頼者が対象者に連絡できる状況や職場で日常的に顔を合わせる時は注意が必要です。
復縁したいと熱くなっているときは、どうしても自分の気持ちを分かってほしいと突っ走ってしまいがちです。
離れていく相手にすがったり、何度も気持ちを伝えたりしてしまいます。自分の不安を解消するにはそういった手段しかないと思いこんでしまうからです。しかし、いったん復縁屋に依頼したら対象者への接し方は慎重にしなければいけません。

別れた後も対象者とコンタクトがとれるのはいいことなのですが危険も伴います。対象者と連絡がとれなければ、平行線のままですが、今以下はないのです。
しかし、まだ対象者とつながっていることが災いとなり、修復不能な状態にまで陥ってしまうこともあります。
自分では何気ない会話をしているつもりでも、どうしてももう一度やり直したいという思いが出てしまって、対象者を困らせます。依頼者がいくら意識しても、相手には伝わってしまうものです。
ここで対象者の心証が悪くなっていくと、工作がさらに難しいものになっていきます。対象者は新たな道を歩んでいるのですから、いつまでも依頼者と向き合ってくれているわけではない。しかし、依頼者は向き合ってほしいという思いから、どうしても欲が出てしまう。
二人の気持ちにはズレがあるわけですから、連絡するときや会う時には細心の注意が必要で、もし依頼者が工作でしか知り得ない情報を対象者にぽろっと言ってしまえば、そこで失敗になるのです。

自分の気持ちを制御できなければ、復縁屋の力で復縁できても、またすぐに別れてしまうかもしれません。
同じことを繰り返す…。
それがある意味、一番の失敗と言えるでしょう。

メール

PAGE TOP