復縁屋の工作で失敗した場合

復縁屋 失敗

復縁屋に依頼することは誰もが多少なりとも勇気がいることです。
探偵社にしても知らない業界のことですから、はたしてうまく行くのだろうか、バレないで進めてもらえるのだろうかと不安があって当然です。
そして自分の胸の内をさらけ出す覚悟もいりますし、過去の交際相手との経緯ややり取りなどを話さねばならず、そのたびに辛い思い出が蘇ることもあります。
皆さまそこを乗り越え、お金を掛けて復縁屋に依頼しますが、絶対に成功するとは限りません。
失敗に終わることも当然あります。
ここでは復縁屋にどのような失敗があるのか、失敗しないための方法とは何かを考えたいと思います。

メール相談

復縁屋における失敗とは

復縁屋の失敗といえば復縁できなかったという結果に対する失敗が考えられます。
工作は成果が出るまでに時間がかかることもありますが、一番想像しやすい失敗ではないでしょうか。
他にはそこに至るまでの失敗があります。
対象者を尾行したり撮影したりしていることが相手に知られてしまったという探偵失格のような失敗から、対象者に接触したが仲良くなることができなかったという相手由来の失敗もあります。
何より依頼者が復縁屋に頼んでいることを対象者に疑われるのが一番良くありません。
そのため現実問題として、工作途中でいったん引いたり停止したりすることも考えなくてはなりません。
手を打てなくなるのも問題ですが、より悪化するよりはマシなのです。

メール相談

復縁屋に依頼した側の失敗

復縁屋 失敗 依頼

依頼者が対象者に連絡できる状況や職場で日常的に顔を合わせる時は注意が必要です。
復縁したいと熱くなっているときは、どうしても自分の気持ちを分かってほしいと突っ走ってしまいがちです。
離れていく相手にすがったり、何度も気持ちを伝えたりしてしまいます。自分の不安を解消するにはそういった手段しかないと思いこんでしまうからです。しかし、いったん復縁屋に依頼したら対象者への接し方は慎重にしなければいけません。

別れた後も対象者とコンタクトがとれるのはいいことなのですがリスクもあります。
対象者と連絡がとれなければ、これ以上二人の関係は悪くなることはありません。
しかし、まだ対象者とつながっていることで関係が悪化して、さらに距離が開いてしまう危険があるのです。
自分では何気ない会話をしているつもりでも、復縁したいという気持ちが表に出てしまったら対象者は態度に困ります。依頼者がいくらそのあたりに気を配って意識しても、無意識のうちに自分の気持ちが出てしまうことはよくあるのです。
ここで失敗すると工作の足かせになり、スムーズにいくものも難しくなったりします。
また交際していた頃に通用したことが、関係性が変わったことで、通じなくなることもあります。
良かれと思ってしたことが逆に相手はネガティブに受け取る可能性もあるのです。
二人の気持ちにはズレがあるわけですから、連絡するときや会う時には細心の注意が必要で、もし依頼者が工作でしか知り得ない情報を対象者にぽろっと言ってしまえば、そこで失敗になるのです。

自分の気持ちを制御できなければ、復縁屋の力で復縁できても、またすぐに別れてしまうかもしれません。
同じことを繰り返す…。
それがある意味、一番の失敗と言えるでしょう。

メール

PAGE TOP