復縁屋は東京がいい?

復縁屋 東京

復縁屋はあらゆる地域に点在しているかのように見えますが、実際はほとんどが東京に集中しています。
復縁屋である監修探偵社も東京・新宿に本社があります。復縁屋が東京及びその周辺の地域に集中している主な理由は、それだけマーケットが大きく、需要があるということです。
東京と地方の賃金格差が問題になっていますが、復縁屋に依頼するためには多額の費用が必要です。人口面だけでなく、資金面も関係していて、依頼できる条件が揃った人が多いということなのです。仕事に追われていて、恋愛に費やせる時間もなく、アウトソーシングすることにあまり抵抗がないという気質も関係しているのかもしれません。
とにもかくにも、復縁屋が東京に集中しているのですが、それだけ各社がしのぎを削っています。
同じレベルで立ち止まっていては、東京の復縁屋は埋没してしまいます。少しでもクオリティを高め、サービスを充実させ、企業努力を怠らない。
もちろん、競争が激しいことは、弊害もあります。
実際には、小手先の営業トークに磨きをかけることばかりに専念して、騙しのテクニックを追求する探偵社もたくさんあります。
そして、東京の復縁屋は地方の探偵社と比べて圧倒的に依頼案件数が多いのです。
つまり、それだけ経験が豊富で、実績も積んでいて、行動力、対応力もあります。
監修探偵社は2001年から復縁屋として東京で活動しマスメディアでも取り上げられていますが、普通の会社員から弁護士、医師、芸能人相手まであらゆる職業のいろいろなタイプの対象者を相手にしてきました。
対象者は千差万別で10人いれば10通りであり、復縁の取り組み方も変わってきますが、経験値があるのとないのとでは大きく違う。
近いから、交通費がかかるからという理由だけで、地域で復縁屋を決めていいのでしょうか。
プライオリティは、矛盾のない料金システムや工作方法とクオリティの高さ、そして信頼できるかどうかです。
地域も選ぶ一つの要因とはなりますが、幹ではなくあくまでも枝葉の部分です。
絶対に知られてはいけない情報を提供して、自分の望みを託すわけで、優先順位を忘れてはいけません。

メール相談

復縁屋は東京以外の地域でどう動くのか

復縁屋 東京以外

東京から来て、地元に詳しくない人がうまく活動できるのか。
地方在住の方によくこのような質問をされます。
まったく問題はなく、むしろ、その地域のことに詳しくないということをうまく利用するという発想が必要なのです。
地元に詳しければ、対象者からの細かい突っ込みにも答えていかなくてはなりません。
対象者と仲良くなれば、家の場所を聞かれたり、ときには、家に行きたいと言われたりするでしょう。
復縁屋は本当の身元情報を開示することはできませんから、家や会社の件を持ち出されると行き詰ってしまう。
監修探偵社のスタッフの生活圏はもちろん東京及びその周辺であって、地理にも精通しています。
しかしながら、復縁屋として工作活動する場合には、あえて、地方からやって来て、東京に滞在しているといった形で進めていくことが多いのです。
優秀な復縁屋は、将来のためのリスクや対象者の興味をひくために、詳しく知っていることもあえて知らない振りをしたりする。
たとえば、東京在住の名古屋出身のスタッフが名古屋に出張で行ったとします。
実際には相当地理に詳しいのですが、はじめてその場所に来たように演じたりもします。

メール相談

復縁屋の各地での実績

復縁屋 実績

復縁屋として東京を拠点にしている監修探偵社ですが、実は、意外とその他の地域へ出張して活動することが多い。
全依頼数の約40%が日帰りのできない出張が必要な地域なのです。
復縁屋として歴史のある監修探偵社は日本全国に出張して、携わっていない都道府県は存在しません。
北は北海道、南は沖縄まですべてで工作をしました。
もっとも復縁屋の依頼が多い地域は、名古屋を中心とした愛知。東京及びその周辺地域以外の案件の15%を占めます。次いで、復縁屋の依頼が多い地域は大阪が13%、浜松を中心とした静岡が7%、札幌を中心とした北海道が6%、仙台を中心とした宮城、神戸を中心とした兵庫がそれぞれ5%。
広島、福岡が4%、金沢を中心とした石川、そして滋賀、岡山が3%という順になっています。
ようするに、地方出身者でなく、東京を拠点にしても、これだけの地域に行っていることから、想像以上に地方の地理には精通しているのです。

メール相談

東京に拠点がある復縁屋でも…

復縁屋と所在地域の関係で、最後に重要な話をしておかなくてはなりません。
復縁屋は玉石混交で、しっかりとスタッフが常駐していて、一定の事務所スペースを確保して会社として機能しているところは想像以上に少ないのです。
レンタルオフィスやバーチャルオフィスといった月数千円程度から2~3万円で借りれるような、いわゆるスタッフが常駐していない復縁屋がほとんどです。
本社として登録していても電話だけで、常駐はしておらず、転送電話で自宅なとで受けている。スタッフがいない会社を見られたくないので、地方にも率先して出張面談に行く。会社で面談をしたいと希望されれば、近くの喫茶店で行ったり、レンタルオフィスが時間貸しで行っている貸会議室(打ち合わせルーム)を利用して行う。
このように復縁屋として東京に拠点を置いていたとしても、スタッフが常駐できないようなレンタルオフィスの場合は、参考外です。
いつでも会社を店じまいできるような名目上の窓口しかない復縁屋はどこに所在地があったとしても、信用性に疑問があります。

メール

PAGE TOP