復縁屋でよりを戻す期間とは

どれくらいの期間で復縁できるのか、復縁屋は期間をどのように見積もるのかを紐解いていきましょう。
まずは期間の開始地点ですが、依頼日もしくは初回の調査日になると思います。探偵業法では契約書に調査の期間を明記することが義務付けられており、FromToで期間を記入します。この時、開始日は上記のような形で決まりますが、終了日はどうするのでしょうか。始めた時にはいつ終わるかなんてわからないものです。
復縁屋がおこなう工作の平均期間は平均3~6カ月ぐらいのところが多いですが、対象者の情報量や行動に大きく左右されるため、この日に終わる、と決めるのは難しいわけです。

メール相談

期間ありきの復縁屋

復縁屋 よりを戻す期間

1か月いくらのパック制料金の復縁屋ならば、期間は3か月と先に決めれば終了日も決まります。
期間で料金を決めるわけですね。
パック料金の復縁屋は費用が前もってわかるので、そういった意味では安心かもしれません。しかし期間のほとんどを調査に費やして全然工作をしてくれなかったという声も聞くので、この期間についての内訳には注意が必要です。期間中に何をするかということがブラックボックスならば、ただ時間が過ぎていっても同じことになります。実際はさらに1か月延びる可能性もあり、結局終了日は正確な日付とは言えません。
接触にまで至らず、延長を勧められるという話もよく聞きます。
もちろん、復縁屋がどれだけ努力しても接触が困難な場合もあるので、一概にパック制の復縁屋が良いとか、悪いとかは言えませんし、腕とは関係のないケースもあります。
つまり期間や終了日を前提で考える必要はないわけです。
そもそも、この終了日はそれほど大きな意味を持ちません。あくまでも目安です。
たとえば浮気調査でも、予定よりも多い回数行いたいとなれば期間は延長されるわけです。

メール相談

よりを戻す期間について

よりを戻す 期間

復縁屋の工作員が対象者に接触した後は、なるべく短いスパンで進めたいところです。
依頼者側も気が急いているでしょうし、時間を掛ければ対象者の生活がどう変わるかわかりません。
しかし対象者が忙しかったりしてなかなか会えない場合は、無理して誘っても仕方がありません。対象者に嫌がられたら元も子もないからです。
そういう時に期間で料金が発生するパック制だと月に1回しか会えなくても費用が掛かります。会えなくても費用が発生してしまうかもしれません。
そのままずるずると続ければ金銭的なリスクは高まり、予算内で終わらせることは難しくなるでしょう。あともう少し延長すればうまく行きますと言われたら、延長料金を払ってしまう人が多いのではないでしょうか。延長料金が目的で期間を引き伸ばそうとする悪質な復縁屋もいるようなのでお気をつけください。

よりを戻すにはどれぐらいを見ておけばいいのか、という疑問には、明確な答えなどないのです。
復縁屋が種をまき、肥料と水を与えても、芽が出るのはだいぶ先のこともあります。
よりが戻るのに半年や一年といった時間が掛かる人もおり、そういった意味では長期戦の覚悟をあらかじめ決めておいた方がいいかもしれないのです。

メール

PAGE TOP