復縁屋が教える復縁のアドバイス

復縁屋が復縁についてアドバイスを行う際には、いくつかチェック項目があります。
別れ方や別れの原因・理由、相手の性格、自分で何をやったか・やってしまったか、別れてからも連絡は取れるかなど、多岐にわたります。ここではその中で、復縁屋ならではの項目をご紹介しましょう。

メール相談

復縁屋のアドバイスは復縁の処方箋

復縁屋 アドバイス

別れてから復縁したいと考えるまで、どのぐらいの時間経過があるかは人それぞれです。
「一昨日別れた。今日復縁したいと思った。」
そういう人もいれば、
「1年前に別れた。他の人も見ようと努力したがやはり自分にはこの人しかいないと思った。」
こんな人もいます。
別れてから復縁に向けて動き出すまで、どれぐらいの期間があったか。
復縁屋はここを見ます。
相談者の気持ちの量が問題なのではありません。
期間が長いから復縁熱の総量が多いわけでもないですし、短いから少ないとも限りません。
問題は気持ちの練度にあります。
アドバイスを行うときには、この練度が高いか低いかを考えてしないといけないのです。
練度が低い、つまり別れて日が浅い人に役立つアドバイスは、練度が高い、つまり期間が長い人にはあまり役立ちません。汎用的な、通り一辺倒のアドバイスは、日が浅い人には役立つ情報でしょうが、長い人にとってはすでにわかっている情報なのです。

医者が薬を処方するのと似ているかもしれませんが、別れたばかりで熱くなっている人には、沈静化をはかるアドバイスが必要です。
頓服薬のようなものですね。
自分から一方的に連絡をしない。
したところで相手は復縁したいという気持ちにならない。
むしろ逆効果になって、今より距離を置こうと逃げたり、恐怖を感じたりする。
復縁のアドバイスとしては、過度の連絡を避ける、まずはこれにつきます。
それから自分の状況を冷静に見極め、受けいれ、その上で何をすべきかを一度整理してみる作業を勧めるわけです。

メール相談

相手に連絡することへのアドバイス

連絡をしないと相手に忘れ去られてしまう、そういった不安からつい連絡してしまう人もいます。
相手からの返信がないのに、ご機嫌伺いの連絡を定期的に入れてしまう、なんてのがその典型です。
ネットで、復縁メールの送り方や返事の来るラインの文章といった、記事を読み、自分なりにアレンジして送るも返事が来ない。
そこで文章がまずかったと思い、雰囲気や内容を変えて送ってみる。
しかし返事は来ない・・・。
こういったことを繰り返している人もいます。
返事がないのが返事なのですが、それを受け入れたくないあまり自分に都合のよいストーリーを作ることもあります。
たぶん忙しいから返事がない、返事をためらっているだけかもしれない…などなど。
まさに押してダメなら引いてみな、という話なのですが、引く勇気が持てない人がこの迷宮に入ってしまうのです。

連絡をすることが1つの行動ならば、しないことも1つの行動なのです。
復縁は、復縁したい側が焦らないこと、そして他人のアドバイスを素直に聞けるようになることが大事です。
自分で考えて失敗しているのですから、自分の方法論は通じないと思うべきなのです。

メール

PAGE TOP