復縁屋のテクニックとは?

復縁屋 テクニック

復縁屋のテクニックが復縁を実現するためのカギとなるのは、言うまでもありません。
対象者とただ仲良くなればいいという発想であれば、アルバイトでもできるかもしれません。
しかし、それではまったくの役不足で、依頼者に背を向けてしまっている対象者の気持ちを変えていくことなどできない。心理的な駆け引きをしながら、こちらの意図に従うようにコントロールするために、復縁屋にはテクニックが求められます。
だからこそ、復縁屋には、その資質と、心理誘導のテクニックを学ぶための教育環境と経験が必要なのです。
対象者が依頼者に話していることは、本音や本心のごく一部です。
別れを切り出すときには、できる限りトラブルにならないよう、引きずらないように、一種の計算が働いていて、うまくきれいにまとめようとする。
それは、相手に対する気遣いであったり、その後の自分を守るための防衛手段であったり理由は様々ですが、本心をすべて包み隠さず話す人はいません。
ほとんどの依頼者の方は、きれいにまとめられた別れの理由をもとに自己改善をしているわけで、それでは足りない。
復縁屋には、まずは、対象者から本音や本心を聞き出す情報収集力が求められます。
依頼者に対して話しているような対象者の自己都合で形作られた見せかけの本音をもとに心理誘導しても意味がないのです。
このような情報収集力と心理誘導力は、その人の資質によるところが大きく、あとはそれを育てる環境が備わっているかです。
クオリティの高い復縁屋は、そのような資質を持ったスタッフを採用して、教育しています。

メール相談

復縁屋とホステスに共通するテクニック

復縁屋 ホステス

銀座のクラブの売れっ子のホステスに、指名をたくさんとる、お客さんを楽しませる方法を尋ねたとしても、明瞭な答えは返ってきません。
身構えているお客さんから自分ならではの方法で必要情報を聞き出し、それをうまく料理して、お客さんが自分で選んだかのように誘導していく。
一生懸命頼んだり、説得しても、一時的には指名はとれます。
しかし、それでは長続きはしないし、お客さんの気持ちもすぐに変わってしまう。
あくまでも自らの判断で自らが好きで選んだようにして考えや気持ちを変えさせていく必要があり、それが心理誘導の基本なのです。
銀座のクラブの売れっ子ホステスが十人いれば十人の自分なりの方法があるわけで、これに同じマニュアルが存在しているわけではありません。
個々人によっても違うため、復縁屋のテクニックをすべてさらけ出すことはできませんが、対象者との何気ないやり取りの中にちょっとした工夫が隠されているのは確かです。
対象者の職業がアパレルであれば、ファーストコンタクトのときに、それに関する話をほんの少し混ぜ込む。
対象者がすぐさま反応して、積極的に自分の仕事を打ち明けてくるのか、それとも復縁屋が仕事を聞くまで職業を話さないのか。
これ一つとってみても、仕事に対する充実度や意識やプライドの高さがどの程度なのかが垣間見えます。
このように、ただ単に職業を尋ねるだけでなく、その尋ね方に工夫が必要で、こちらの質問に答えさせるのではなく、呼び水を与えて自発的に答えさせる。
ちょっとした会話の中でも、どのようにすれば話してくれるかの傾向やパターンを探るための、工夫や計算をしているわけです。
このようにして、少しずつ、対象者に自発的に話させて、情報収集をしていく。
質問攻めにあって答えると話は広がりませんが、自分が話していくことによって、内容は深く掘り下げたものとなり、本音や本心に近づいていきます。
その後は、いかに、こちらの意図する方向に持っていくかです。

メール相談

復縁屋の相手に選ばせるテクニック

復縁屋 相手

対象者に対して、復縁屋の望む考えを押し付けるわけではなく、自らが選んだようにしていかなくてはなりません。
人から説得されたり言い聞かされたりして決断をしたとしても、すぐにその考えは変わってしまいます。
例えば、人によって、失敗体験、成功体験のどちらに共鳴するかは違います。机に向かうことが嫌いな子供に対して、どのようにして勉強をやらせるか、勉強をしたいと思わせるかです。
勉強しろと怒って勉強をさせても、それは一時的なもので、長続きはしない。
復縁も同じで、二者選択で、もう一度復縁してみようかと対象者自身に選ばせなくてはならない。
勉強をしてこなかった結果、定職もつかずに、いま現在不幸で悲惨な生活を送っている。
必死に勉強をしたことで、いまは官僚となり、国の中枢機関に身を置き、充実した日々を送っている。
失敗体験、成功体験のいずれを例に挙げたほうが、子供の心に響き、自分の意志で勉強をするのだろうか。
復縁したことで幸せになる、復縁しなかったことで不幸になる。
どちらがその対象者にとって効果的かを常に考えらながら、復縁屋は、対象者と接していくわけです。
このようにすればこちらを選択するといった方程式を見つけるために、対象者を観察し続けなくてはなりません。
たとえば、一緒に食事を行ったときにも、数あるメニューの中からどのようにして気が乗らないものを選ばせるか工夫していくことがとても重要です。
こちらの意図する側を自ら選択させるための観察ツールとして会話や食事があるのです。
どのような形で水を向けたり、選ばせるための手順は、対象者の性別や年齢、その場の雰囲気などいろいろな要素によって変わるでしょう。
さらに瞬時に判断して行うわけであり、事前に決めておくこともできません。
復縁屋にはこのように高いテクニックが求められるわけで、だからこそ、監修探偵社ではアルバイトなど使っていないのです。

メール

PAGE TOP